ヘアカラーの色落ちを防ぐためのポイント

2022/01/21 コラム
ヘアカラーをされている方は、少しでも長持ちさせたいですよね。
では実際、長持ちさせるためにどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。
そこで今回は、ヘアカラーの色落ちを防ぐためのポイントを紹介します。

▼ヘアカラーの色落ちを防ぐためのポイント
■髪はすぐ乾かす
ひとつめのポイントは、髪をすぐ乾かすことです。
髪が濡れていると、ヘアカラーの成分が流れ出してしまい色落ちしやすいです。
お風呂あがりなどは、なるべく早く髪を乾かして濡れた状態にしないようにしましょう。

■パーマはかけない
ふたつめのポイントは、パーマはかけないことです。
カラー後にパーマをかけたい気持ちは分かりますが、パーマ液とヘアカラーの相性は悪いです。
ヘアカラーの色落ちを防ぐためには、パーマはしばらく我慢しましょう。

■ヘアカラーを変える
さいごのポイントは、ヘアカラーを変えることです。
ヘアカラーによっては、色落ちしやすいものがあるのはご存じでしたでしょうか。
暗めのカラーは色落ちしやすいので、明るめのカラーを選ぶと色落ちを防ぎやすいです。

▼まとめ
ヘアカラーの色落ちを防ぐためのポイントは「髪はすぐ乾かす」「パーマはかけない」「ヘアカラーを変える」です。
セルフケア次第で、ヘアカラーの色落ちは十分に防げます。
なるべく色落ちさせたくない方は、これらを参考にしてみてください。
「Favorite Beauty YOSHIMI」では、こうしたヘアカラーも対応しております。
確実にきれいに色を入れたい方は、お気軽にご来店ください。