パーマ後のシャンプーで注意すべき点は?

2022/01/05 コラム
パーマをかけたはいいものの、重要なのはそのあとです。
パーマ後はシャンプーにものすごく注意をはらわなくてはいけません。
そこで今回は、パーマ後のシャンプーで注意すべき点について紹介します。

▼パーマ後のシャンプーで注意すべき点は?
■パーマ後のシャンプーはなるべく期間を空ける
まず注意するべき点は、パーマ後のシャンプーはなるべく期間を空けることです。
パーマは髪になじむまでに2日ほどがかかるので、なるべくシャンプーはしない方が良いとされています。
しっかりとなじむまで、我慢できるのであればシャンプーはなるべく期間を空けましょう。

■ゴシゴシ洗わない
注意するべき点は、ゴシゴシ洗わないことです。
ゴシゴシ洗ってしまうと、髪がダメージを受けてパーマがゆるくなってしまいやすいです。
パーマ後にシャンプーをする際は、優しく撫でるように洗うのがベストです。

■保湿成分のあるシャンプーを使う
注意するべき点は、保湿成分のあるシャンプーを使うことです。
保湿成分があるシャンプーは、パーマ液を髪に浸透させたまま保護してくれる効果があります。
パーマ後のシャンプーは、保湿成分があるシャンプーを使うのがおすすめです。

▼まとめ
パーマ後のシャンプーで注意すべき点は「シャンプーまでなるべく期間を空ける」「ゴシゴシ洗わない」「シャンプーは保湿成分のあるものを選ぶ」です。
パーマはかけたら終わりではなく、その後のパーマのケアがとても重要です。
これらに十分気をつけて、パーマ後のシャンプーをしましょう。
「Favorite Beauty YOSHIMI」では、パーマや縮毛矯正も承っております。
パーマや縮毛矯正をご希望の方は、お気軽にご来店ください。